TOP>おうちの買い方相談室の代表者の声

おうちの買い方相談室の代表者の声

草野 宗徳
草野 宗徳

・ファイナンシャルプランナー
・住宅ローンアドバイザー
・証券アナリスト
・堺市東区ぱぱてらす代表
・NPO法人ファザーリングジャパン関西賛助会員

私自身、二人の子どもを持つ父親です。
子どもが大好きで、自分の住む町にパパと子どもが遊べる場「ぱぱてらす」なるものを作ってしまいました。
他にもNPO法人ファザーリング・ジャパン関西メンバーとして、笑っている父親を増やす活動しています。その中で、大人のちょっとしたお金の知識が無かったために子どもの笑顔が失われていく。そんな経験をしました。特に、人生の一大イベントである住宅購入がその大きな分岐点です。

「マイホームを建てる。」
これは人生で1番高い買い物と言われています。
しかしながら、“知識が少ないけど、住宅の欲しいお客様”と、“知識は豊富で、自社の住宅を販売したい営業マン” 。これで納得のマイホームを得ることができるとは私には到底思えませんでした。
そんなものを勉強もせず、営業マンから言われることをそのまま鵜呑みにして建ててしまえば、満足できるものには絶対になりませんし、しっかり資金計画が立てれるはずもありません。
そこで、その分岐点に私が少しだけ立ち会わせていただきたいと思いました。
金融機関での11年間FP経験、そして、住宅メーカー・工務店を数十社見てきたを経験や知識を活かし、家族が幸せに過ごすためのお手伝いができればと思い、設立しました。

 

草野 麻里

草野 麻里

・ファイナンシャルプランナー
・ファミリーライフ向上研究所理事
・キッズマネーステーション認定講師
・NPO法人コヂカラニッポン会員

私は元々お金のことが苦手でした。
ファイナンシャルプランナーの資格も就職した銀行で半ば無理やり取らされました。ただその時、苦手というだけで勉強していないと得することはもちろん、損をすることも あるということを知りました。
「知るは財産。知らぬは負債。」知識は必ず財産になります。その財産は、人生をよりよく過ごすための一歩です。 中立な立場だからこそ、皆様に正しい判断基準をもってもらうことができると考えています。 ぜひ、家族で幸せなおうちを造るためのお手伝いをさせてください。